学校生活

2014年10月アーカイブ

第2学年 JICA交流会

10月29日(水)にJICA(独立行政法人 国際協力機構)のプログラムの一環として、エチオピア、フィジー、インドを初めとする全10か国、計12名の研修員の方々が本校を来校しました。午前中はそれぞれが専門とする理数科の授業を見学し、給食時間から本校第2学年の各学級に4名の研修員の方々にお越しいただき、会話を楽しみながら共に昼食をとりました。

 午後は、第2学年の総合的な学習の時間(トランク)において、2年生が約1か月をかけて準備をしてきた、「JICA訪日団の方との交流会」を行いました。生徒たちは、交流会の準備活動を通して「文化とは何だろうか」や「異文化をもつ人々とよりよい関係を築くにはどうしたらよいだろうか」といったそれぞれの課題の解決に向け、取り組んできました。交流会では、ベースで培った人間関係づくりや情報活用、発表方法の工夫を活かしながら、附属中学校での学びと学校生活や行事を中心に伝えました。各班、箏を演奏したり、書道を体験してもらったり、柔道の技を実演したり趣向を凝らした発表が見られました。

また本交流会では、一方的な発表ではなく交流を目指すことや、原稿をただ読むだけではなく英語で情報や考えなどを伝えることなど、前回のマサチューセッツの大学生との交流会から浮かび上がった課題に意識的に取り組み、成果を挙げました。両者にとって実りある、充実した交流となりました。また準備活動を含め、多くの気付きや学びがあり、今後生徒たちは今回の交流会を踏まえ、自分なりの文化に対する知識を広げたり、異文化交流に関する考えを深めたりしながら、更なる探究的な学びを展開していくことと思います。

末筆になりますが、ご協力いただきました関係機関の皆様方に、この場をお借りして感謝申し上げます。このような貴重な機会をいただきまして、誠にありがとうございました。

文責 第2学年トランク担当:山口修司

 

IMG_1356.JPG

IMG_1375.JPG

IMG_1803.JPG

  • 1