学校生活

2016年5月アーカイブ

 平成28年5月20日(金)、21日(土)におこなわれた学校宿泊学習の様子、および学校宿泊学習に向けた事前活動の様子です。現在、1年生は、学校宿泊学習を通して学んだことや、成果や課題を生かして、よりよい学校生活を送ることができるよう毎日、頑張って過ごしています。

学校宿泊に向けた準備活動.pdf

学校宿泊当日【前半】.pdf

学校宿泊当日【後半】.pdf

宿泊学習を終えて

これまで準備を重ねてきたOTAREANがすべて終了しました。解散集会の生徒代表の言葉に、この2日間の成果が凝縮されていました。「体験してこその学びがあった。」「さらに上を目指して頑張っていきたい。」「当たり前が磨かれた。」「社会性と協調性」が高まった。」「人を助ける優しさが見られた」「全員でやり遂げる楽しさを感じた。」もちろん、課題も見つかりました。優しさをさらに広げること。日常の行動を大切にすること。課題を次にどう活かすが大切という話もありました。2年生が次に集まるのは月曜日の解団式です。それまでに体力を回復するとともに、次につなげる方法を考えてみてください。2日間お疲れさまでした。

平成28年5月26日(木)15:00

第2学年主任 新井 拓

 

最高だった2日間 2年C組 米田 冴李

この2日間は時間の流れがとても早く感じました。炊事では時間がかかりましたが、美味しい料理を作ることができました。また、自主研修では、外国の方と足湯について英語で熱く語り合い、普段の英語の授業の学びを活用することができました。ナイトレクやアクティビティーなども全員で楽しむことができました。成果があった反面、課題も明らかになりました。今後の生活で改善を図れるようにしたいです。明日は筋肉痛を治すために、ゆっくり休みたいと思います。

OTAREARNを終えて 2年B組 佐々木 花

私は、今回の宿泊学習で「協力することの大切さ」を改めて実感しました。特に炊事の時に感じました。私の班ではハプニングも多く、時間もかかりましたが、自分以外の仕事も積極的に行っていたし、ほかのクラスのお手伝いをするなど、学年にも貢献できました。また、市場では地域の方々との協力があったからこそできたことだと思います。この協力の大切さを忘れず、これからの学校生活に活かしていきたいです。

OTAREARNを終えて 2年A組 北村 悠葵

この2日間はとても充実していました。振り返りでよく使うことばですが、あっという間に短く感じたOTAREANでした。特に市場での買い出しは普段経験がなく、値引きをしてもらえたことは驚きでした。値引きのおかげで、計画通り食材を購入することができました。また、火起こしや飯ごうでの炊飯は、普段の生活では経験できない貴重なものとなりました。OTAREANを通して、第70期生は、最高の仲間だと実感しました。

0070.jpg

0071.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目のスタート

OTAREAN2日目の主な活動は自主研修です。小樽の方々と交流を通して文化を学ぶことがねらいです。暑くもなく寒くもないベストコンディションの下、歴史や建物、金融や経済、観光や芸術、文学や産業、地理や交通、そして、食文化のカテゴリーごとに、調べ学習を行いました。約3時間の間、自主研修を終えた生徒たちは、お腹も心もいっぱいにして戻ってきました。小樽の方がtへのインタビューした成果を目を輝かせて報告してくれた姿が印象的でした。

平成28年5月26日(木)14:20

第2学年主任 新井 拓

042.jpg0043.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小樽自主研修を終えて 2年C組 中川原 帆南

私たちの班では、綿密な計画を立てて自主研修に臨みました。しかし、計画通りにいくことばかりではなく、道に迷ったり、時間が余ったりと臨機応変に対処しなければならない場面も多くありました。それでも、最後まで自主研修をやり遂げることができたのは、みんなと協力することができたことと、小樽市民の方々に協力していただいたからです。自主研修に関わってくれた方への感謝を忘れず、調査学習の成果を、今後のトランクに活かしていきます。

自主研修を終えて 2年B組 小林 美結

自主研修は楽しく充実したものとなった。私のグループでは「地理・交通」をメインとして小樽の街並みについて調査しました。宿泊学習の2日目でもあり、後半は疲れもたまって足取りも重くなっていましたが、小樽の新鮮な海鮮丼を目の前にして疲れもとれた気がしました。伝統的な工芸品として有名なガラスやオルゴールの輝きを見るのも楽しく、小樽の文化をさらに学ぶことができました。

自主研修を終えて・・・ 2年A組 岡島 大河

自主研修に向かう前には、僕の班の課題がありました。その課題は、仲もよいのですが、協力して取り組むなどのまだまだできることがたくさんありました。自主研修では様々な場所に行き、たくさんのことを学びました。また、訪れた場所でたくさんの方に協力してインタビューをすることができました。このような経験から、班の団結力が深まりました。皆さんもこの時間を有意義なものにできたでしょうか。僕たちを支えてくれた皆さんに感謝したいと思います。

0062.jpg0064.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0052.JPG0065.jpg

0060.jpg

0059.JPG0057.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0056.JPG0055.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0054.JPG0053.JPG

0051.JPGのサムネイル画像0053.JPG

一日を終えて

早朝の曇り空から始まったOTALEARN一日目。大きなてるてる坊主と第70期生のパワーは雲を吹き飛ばし、小樽では快晴の下で一日を過ごすことができました。市場の方と触れ合い、食材を調達した買い出し、時間と戦いながら仲間と協力して取り組んだ炊事、キャンプファイヤーを囲んで心を一つにしたナイトレク。充実した一日となり、多くのことを学ぶことができました。二日目は、これまでの課題を乗り越え、一回り成長して札幌に戻りたいと思います。明日は小樽の文化を学ぶ自主研修です。よい天気になりますように!

平成28年5月25日(水)01:50

第2学年主任 新井 拓

0040.jpg

ナイトレクを終えて

炊事は片付けが遅れ、実施が危ぶまれたナイトレク。時間は短縮されましたが、何とかキャンプファイヤーをすることができました。突然降臨した火の神様と四人の勇者のお陰です。火を囲んで踊ったオクラホマミキサーやジェンガ、大切な人を想って歌った愛唄は一生の思い出となったことでしょう。学年の絆も深まり、これから先の第70期生の姿がより楽しみになりました。

平成28年5月25日(水)21:30

第2学年主任 新井 拓

ナイトレク・・・ 2年A組 丸山 葵

炊事の時間が遅れてしまったが、ナイトレクのキャンプファイヤーでは、みんなで楽しみ、最高の思い出となりました。私たちが楽しむことができたのは、今までみんなが楽しめるように考えてくれた代表の仲間や先生方、そして、私たちが踊っている間もずっと火の調整をしてくれたおこばち山荘の職員の方々のおかげです。本当にありがとうございました。明日は自主研修があるので、班の仲間と良い思い出を作れるように頑張ります。

 

112人の力が試された炊事 2年C組 金子 晴香

1日目は、自分たちで市場に行き、小樽の食材を使って夕食を作りました。食材を入れるタイミングを間違えて、うまく火が通らなかったり、予定していた量のカップが足りなくなったりとアクシデントがたくさんありました。しかし、市場の方からおいしい調理の仕方を教わったおかげで、上手に完成させることができました。また、学年としての役割分担がうまくできず、予定の時間をオーバーしてしまい、課題も見つかりました。これから学年でもう一度見直して明日につなげたいと思います。

 

命を感じた炊事 2年B組 松浦 隆斗

今日の夕食はいつもよりも特別だった。普段食べているごはんには、少しずつ命のありがたみが薄れていたと思う。自分たちで調理したことにより、命のありがたみを感じた。特に感じたときは、イカをさばいたときだった。イカの体を解体して切って調理して食べる。一から調理したことにより、生き物が生きていたことを重く受け止めた。それを使って作った料理。命に対する感謝の気持ちが強くなった。

 

キャンプファイヤー 2年C組 小田部 充趣

キャンプファイヤーは、夕食の片付けが遅れて短縮となってしまいました。でも、火の神の演出を、学年のみんなが「わー!」と声をあげて盛り上げてくれて、とても良い雰囲気の中でレクを行うことができました。オクラホマミキサー、ジェンガ、愛唄の合唱はとても楽しかったです。あっという間でしたが、火を囲んで楽しんでいる仲間の姿が印象的でした。

 

炎を囲んで 2年B組 早川 知里

夜になり、ナイトレクをしました。炎を囲んで第70期生全員でナイトレクを楽しみました。オクラホマミキサー、ジェンガを踊ったり、愛唄を歌ったりしました。風が強く、火花も飛ぶほどでしたが、楽しむことができました。明日は自主研修で忙しい日程になりますが、班のみんなと協力して頑張りたいと思います。

 

炊事を終えて

炊事は困難の連続となりました。手順を間違えて、材料が準備できる前に薪だけが燃え尽きてしまった班。材料の切り方が大き過ぎて火を通すのに苦労した班。味噌汁なのに、味噌を入れ忘れた班。様々なエピソードがありながらも、何とか時間通りに食べ始めようと、走り回って頑張る姿が見られました。努力した分、出来上がった料理の味は格別でした。海鮮カレー、パエリア、魚の煮つけ、餃子、お好み焼き、バラエティーに富んだメニューが食卓を飾り、楽しいひと時を過ごすことができました。今日作った料理を、自宅でも作ってみてください。

平成28年5月25日(水)20:30

2学年主任 新井 拓

0030.jpg0031.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0032.jpg0033.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0034.jpg0035.jpg

炊事に向けて

心配された天候ですが、晴天の中、順調に宿泊学習は進んでいます。夕食の炊事に向けて、小樽の南樽市場と中央市場で、食材の買い物をしました。その後、小樽公園でお弁当を食べました。このあと、宿泊する小樽おこばち山荘に向けて移動します。

平成28年5月25日(水)13:30

第2学年主任 新井 拓

 0011-1.jpgのサムネイル画像0012-2.jpgのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0013-3.jpgのサムネイル画像

0019-5.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ出発

 第70期2学年宿泊学習「OTALEARN」が始まりました。あいにくの曇り空ですが、子どもたちは元気です。出発集会では学級旗を披露しました。どのクラスも素晴らしい出来映えで、これまでの取り組みの成果が感じられました。宿泊学習に向けた準備にも力を入れてきました。これからの二日間でその成果を大いに発揮してくれることでしょう。「自分の役割を理解し主体的に行動すること」「仲間と協力してやり遂げる喜びを感得すること」「小樽の文化を理解すること」の三つのねらいを達成して帰ってきたいと思います。
  現在はバスでの移動を終え(バスレクで盛り上がりました!)市場に着いたところです。これから買い出しを済ませ、炊事を行う予定です。雨雲を吹き飛ばすパワーで頑張ります。

平成28年5月25日(水)10:00

第2学年主任 新井 拓

0001.jpg0002.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0003.jpg0004.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0005.jpg0007.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0008.jpg0009.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0006.jpg0010.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Let's  Otalearn!  2年B組 鶴見 彩

待ちに待った宿泊学習が始まりました。天気予報では雨でしたが、私たちが作った「てるてる坊主」のおかげで、晴れて気持ちよく過ごすことができとても嬉しいです。市場に向かうバスの中では、バズレクで盛り上がりました。私たちのクラスは毎日元気があふれていますが、今日は一段と元気です。バスレクでは、一人一人の個性が出て、仲間の知らない一面も見ることができ、クラスの仲がもっと深まったと思います。この2日間で仲間とたくさんのことを学び、楽しみたいと思います。

2Aの時間 2年A組 尾崎 ひかる

出発式を終え、楽しみにしていたバスレクが始まりました。2Aの雰囲気は「今日も絶好調でした。」バスレクでは、「私は誰でしょうクイズ」をしました。事前のアンケートをヒントに、みんなで考えました。バスレクで全員が楽しく参加できたのも2Aらしさが出ていました。楽しい時間もあっという間のバスの移動でした。「次は市場で買い物だー!」などと、盛り上がりながら、先を見通している姿もとてもよい雰囲気です。2Aの一員である実感があり、2Aが大好きになったバスレクの時間でした。

宿泊学習いよいよStart! 2年C組 小野寺 彩華

今、バスの中でみんなでワイワイ盛り上がっているところです。バスレク係が考えてくれた「私は誰でしょうクイズ」で、仲間の意外な一面を知ることができました。宿泊学習は2日間あります。これまで全力で準備してきた計画を実行できるように、楽しみながらもみんなで頑張っていきたいと思います。また、クラスや学年のつながりや絆を深めるようにしていきたいです。天気はてつてる坊主にお任せしたいと思います。2日間頑張るぞ!オー!
 

  • 1