学校生活

2015年9月アーカイブ

第2学年 留学生との交流

9月15日(火)留学生との交流会 (大学院留学生入学前準備教育プログラムへの協力)

 

第2学年の総合的な学習の時間「トランク」での学びを紹介します。

 

10月から道内の大学に通う留学生の方々との交流を行いました。6月にマサチューセッツ大学の学生との交流を行いましたので、留学生との交流は2年生にとって2回目となります。

 

 来校された留学生の方は、ケニア、モザンビーク、エジプト、フィンランド、韓国の方でした。出身はそれぞれ異なりますが、これから同じ札幌市で生活していく“札幌人”という視点をもち、札幌の魅力やよさを伝え、相手に知ってもらうためにはどうしたらいいかを考え、準備しました。

 

 交流会では、札幌ドームやテレビ塔などの観光名所、YOSAKOIソーラン祭りや雪祭りなどのイベント、ラーメンやスープカレーなどの食についてなど、社会科の「札幌レポート」を作成するために体験したことをもとに、熱心に伝えていました。留学生の方からも、スライドで自国のことを紹介していただいたり、日本と母国との違いについて教えていただいたりと、相手の国の文化についても知るよい機会となりました。

 

 交流会を終えて、前回の交流での成果と課題を活かし、積極的にコミュニケーションをとれたと語る生徒が多かったです。また、英語で伝えることに加え、1年生の総合的な学習の時間「ベース」や社会科のレポート、国語科「やさしい日本語」等の学びを積極的に活かしている姿に感心しました。今後は「トランク」で学んだことが、どのように活かされてつながっていくのかを、楽しみにしたいと思います。

 

DSC_0097.JPG

DSC_0098.JPGDSC_0180.JPG

DSC07235.JPG

DSC07268.JPG

科学の甲子園ジュニア北海道大会

科学の甲子園ジュニア北海道大会決勝大会出場  数学第1位で全国大会へ!!

 9月13日(日)に科学の甲子園ジュニア北海道大会決勝大会が行われ、本校2年生の樽見怜旺くん、三浦拓己くん、齊藤ゆずかさんの3人がチームとして参加しました。数学と理科の実技問題に取り組み、数学では見事全道1位の成績を収め、12月4日から東京で行われる「科学の甲子園ジュニア全国大会」に参加できることになりました。日ごろから本校で大切にしている仲間とともに探究する学びが実を結び、今回の結果につながったことを大変うれしく思います。全国大会でも北海道代表として頑張ってくれることを期待しています

「少年の主張」全道大会

3年C組前田ほの香さん 最優秀賞受賞

9月3日に行われた平成27年度「少年の主張」全道大会で、本校3年C組の前田ほのかさんの主張「“障害”と共に暮らす社会」が最優秀賞に輝きました。前田さんは、これまでの自分の経験をもとに、全ての人にとって暮らしやすい社会を築くためにできることを、熱く語りました。

詳細は、全文が掲載された北海道通信(9月8日付)をご覧ください。〔北海道通信社提供〕 

 

北海道通信社.pdf

  • 1