学校生活

2012年6月アーカイブ

韓国研修 4日目

これから日本へ帰ります

最終日となりました。ホテルを7時10分に出発して仁川空港に向かいます。
疲れもピークに達していますが、5時30分には全員起床しました。
体調を崩す生徒もなく、この研修を終えることができそうです。
韓国は今日も晴れています。天候にも恵まれた研修となりました。
新千歳空港は、12:55着の予定です。

文責 研究主任 上田 雅也

DSC04661.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国研修 3日目

韓国のパートナーファミリーとの一日

韓国は今日も天気がよいです。
生徒全員、体調を崩すことなく順調にすすんでいます。
 
朝食の様子をみるとさすがに疲れた様子ではありますが、
一人ひとりの昨日の様子を語る言葉からも学校訪問した経験は、
子どもたちにとって大変価値あるものであったようです。
  
本日は、パートナーファミリーとの交流の日でした。
韓国の方々の温かみあるもてなしにふれ、生徒たちは感動して帰ってきました。

パートナーとの別れの場面では、共に涙を流し、なかなかお互いに別れることができず、この2日間のかかわりで、梨花附属中の生徒と固い絆が結ばれたようです。


今回の国際交流では、梨花附属中学校の教職員、生徒とその家族の方々に大変お世話になりました。ありがとうござました。


文責 研究主任 上田 雅也

思い出の一日

今日は、パートナーファミリーと一日過ごしました。最初はお互いに緊張してしまい、無言の時間が続きました。一緒に韓国の伝統的なお面を作り、そこからお互いにたくさん話すことができるようになって、最終的には、気軽に話すことができるようになりました。その中で感じたことは、韓国の人はとても英語が上手でした。また、自分が言った英語は全て理解してくれて、それがとても嬉しくて、今まで英語を勉強してきてよかったなあと実感しました。パートナーファミリーの人たちは、とてもやさしくて、自分のためにいろいろ準備してきてくれて、本当にうれしかったです。すごく細かなところまで気をつかってもらい、今まで味わったことがないような感情がわきました。

文責 3年 山形 武

おもてなしに感謝

今日は、1日中、パートナーファミリーと一緒に過ごしました。最初にロープウェイに乗って、ソウルタワーに行きました。「飲み物は?」「疲れていない?」と自分に対して気にかけてくれたことがとても嬉しかったし、物もたくさん買ってくれました。お昼は、参鶏湯を食べたのですが、食べ方も分かりやすく教えてくれて、おいしく食べることができました。行きたい場所を伝えると、時間をかけて連れていってくれました。本当に親切な方であることを改めて実感しました。韓国の方は、とてもおもてなしの心があって、そしてやさしい心をもっているのだなあと感じた一日でした。1時間おきに、体調を気遣ってくれて本当にうれしかった。パートナーと会ったのは昨日なのに、家族の一員になれたような気がして感動しました
。たった1日だけだったけど、思い出に残ることはいくつもできました。1つ1つが一生の思い出に残るものだと思います。韓国の方と交流できて、本当に勉強になったし、共に心が通い合えたよい1日だったと思います。

文責 3年 亀田 麻衣

DSC04624.jpgDSC04630.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC04646.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国研修 2日目

梨花女子大学付属中を訪問して

梨花附属中を訪問し、一日、梨花附属中で過ごしました。多大なる歓迎を受け、その後に中3クラスに入り韓国での授業に参加しました。

一緒に給食を食べたり、放課後に行われるクラブ活動に参加したりと充実した一日を過ごしました。明日は、パートナーファミリーとの交流が行われます。

文責 研究主任 上田 雅也

研修報告

今日はとてもつかれた一日でした。寝不足の上、言葉が通じない環境で余計な神経を使い、すごくつかれました。

梨花附属中との交流は、まず歓迎セレモニーを行い、次に英語の授業に参加しました。韓国語で、先生が話しかけてくるのが、すごく不安で、また、クラスのみんながチラチラ見てきたり笑ったりしてて、ますます不安になりました。でも、周りの子が英語で、話しかけてくれて、いろいろな質問をされて面白かったです。

授業でも「日本の英語の教科書と韓国とではどのように違うの?」や「K-POP知ってる?」など、様々な質問をされて、たまに分からなくて上手く答えることができなかったけど、だいたいの質問には答えることができました。私は1クラスに1人だけでとても心細かったけど、3年5組のみんなはすごく親切で、優しくフレンドリーで最初の緊張もほぐれました。

廊下でも、違うクラスの子や知らない子にもあいさつされたり、手を振られたりして、すごく歓迎されて嬉しかったです。

私のパートナーは、先週、学校に訪問にきてくれたときに、私の班に来て交流をした人でした。そのときに、とても仲良くなれたので、また会えて一緒に交流できたことがすごく嬉しかったです。

明日は、その子とずっと一緒に韓国のいろいろなところを回ります。貴重な経験ができそうです。文化や礼儀をもっと意識して明日一日を楽しみたいと思います。

文責 3年 石井 美唯

DSC04537.jpgDSC04442.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC04570.jpgDSC04450.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

韓国研修 1日目

韓国に到着しました

生徒25名と千歳空港を出発し、韓国に到着しました。天候にも恵まれた韓国研修のスタートとなりました。気温は28度前後です。

14日初日は、景福宮を訪れて、韓国の歴史や文化を学びました。王宮守門将交代式もちょうどみることができました。

夜はNANTAという韓国の伝統リズムに合わせて、コックたちが包丁やフライパンで音楽を奏でるコミカルな舞台を参観しました。この講演では、お客さんが数名参加する場面があるのですが、本校2年生の男子生徒も、舞台に呼ばれて参加しました。写真撮影禁止ですので、写真で伝えることができないのが残念です。

明日は、いよいよ梨花中訪問です。


文責 研究主任 上田雅也

研修報告

今回が私にとっての韓国訪問&初海外であり、附属中にとっても初の訪問団でした。街や空港で目にする日本では当たり前に使っている自動販売機やゴミ箱、レジ袋など多くのものが私にとって新鮮でした。

景福宮では、日本語で話しかけてくれる人が多く、また日本からの観光客も多かった。その場所で韓国の歴史について、日本とのつながりも感じられながら少しずつ学びことができました。

それにより、日本と昔から大きな関わりをもっていたことがわかり、それが今の日本人のK-POP好きや韓国人の日本のアニメや漫画が好き…といった形は違うけど同じつながりがあって、文化交流することで両国がお互いに興味関心をもち、それぞれの文化のよさが広まっていくと感じました。また明洞散策の後に見に行ったNANTAでは、韓国語はもちろん、英語、中国語、日本語などたくさんの言語を母国語とする人々が集まっていて1つの同じミュージカルを見ていることがすごいなと思いました。身振り、手振りを使って会場にいた人々の心を1つにしている様子がすばらしい、かっこいいと思ったし、言葉が通じなくてもコミュニケーションすることが可能であることを実体験を通して思った時間でした。

文責 2年 秀 萌子

DSC00105.jpgDSC00107.jpg

 

 

 

 

 

 

DSC00108.jpgDSC00109.jpg

 

 

 

 

 

 

DSC04420.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 1