数学科

教諭 長谷川 英和 

教諭 杉本 泰範

Ⅰ はじめに
 文部科学省は新学習指導要領案において、中学校数学科の目標として「数学的な見方・考え方を働かせ、数学的活動を通して、数理的に考える資質・能力」の育成を明示した。中央教育審議会答申でも述べられているように、将来の予測が困難な社会を生きる現在の子供たちが答えのない課題に向き合って未来を切り拓いていくために、これまで以上に「思考力・判断力・表現力等」の重要性を掲げ、教科の内容の習得だけでなく、生涯にわたって生きて働く資質・能力を身に付ける必要性が示されている。

数学科において、「答えのない課題に向き合って未来を切り拓く」ための資質・能力の育成とは何を通して図られるものであろうか。それは決して、多くの問題に取り組むことや、難問に挑むことだけではない。1つの問題と出会い、「この問題は何を問うものだろうか」「どのような考えが使えそうか」などと主体的に見通しを立て、仲間とともに粘り強く問題に取り組み、解決過程や結果をじっくりと検証することで、考えを深めていく経験を積み重ねることである。学びの過程を経て、数学を学習する楽しさや意義の実感へつながっていく、それこそが、本校が求める「自律」と「共栄」に向かう学びにほかならない。

 そこで今次研究では1年次研究の成果を踏まえ、新たに「省察」の活用を加えることで、研究主題「自己を拓き、協創する生徒の育成」へと迫りたい。

 

 

 

続きはPDFファイルでご覧ください。

PDFファイル: 数学科