音楽科

教諭 渡 辺 景 子

Ⅰ はじめに
 音楽科の目標は、音楽を愛好する心情を育てること、音楽に対する感性を豊かにすること、音楽活動の基礎的な能力を伸ばすこと、人間と音や音楽との関わりとして音楽文化についての理解を深めること、これらが総合的に作用しあい豊かな情操を養うことによって構成されている。これらは全て、表現及び鑑賞の幅広い活動を通して学習が行われることを前提としている。

 音楽科の目標を達成するためには、多様な音楽活動を行うだけではなく、「A表現」領域と「B鑑賞」領域の学びの本質的な関連が重要である。そのために、音楽活動の支えとなる〔共通事項〕を軸に指導内容に系統性・関連性をもたせ、生徒の思考につながりをもたせることとした。鑑賞で得た作曲者のアイディアを創作に活かしたり、器楽で身に付けた技能や知覚・感受したことをもとに楽曲を鑑賞したりすることで、生徒の音楽的な思考はより広がりや深まりを見せる。これらの学習につながりをもたせるものが、生徒自らが生む「問い」であり、仲間に「問う」ことである。ある授業で「問う」ことによって得た聴き方・感じ方・表現の仕方を次の題材へ、さらには日常生活へと活かせたときに、生涯にわたって音楽を愛好しようとする思いが生まれるのではないだろうか。「問う」と「問い」の連関を図り、「問い」を活かす授業を展開することで、生徒の音や音楽の世界を広げ、豊かな情操を養うことへとつなげたい。 
 

2017_ongaku.jpg

 

平成26年度 文部科学省 国立教育政策研究所 教育課程研究指定校事業

研究成果報告書(音楽).pdf

研究協議会資料(音楽).pdf

続きはPDFファイルでご覧ください。

PDFファイル: 音楽科