道徳の時間

Ⅰ はじめに

 

 平成27年3月に文部科学省より「道徳に係る小学校・中学校・特別支援学校小学部・中学部学習指導要領の一部を改正する告示」が公表された。これは、考え・議論する授業により、多様な価値観に対して生徒が誠実に向き合い、道徳の問題として考える姿勢を一層重視したものである。

 では、具体的にどのようにして生徒の道徳性を育むのか。生徒自身が道徳的価値について誠実に考え、他者と議論したいという必要感・有用性を感じなければ、その議論による生徒の道徳的成長は十分に見込むことはできない。道徳教育の要である道徳の時間において、ねらいとする道徳的価値について生徒がどのように捉え、どのような葛藤があるのか、価値を実現することが自分にとってどんな意味があるのかを自分自身を結びつけて捉えることが大切である。本校における道徳の時間では、「問い」を活かす授業を通して、生徒が道徳的価値及びそれに基づいた人間としての生き方についての自覚を深め、道徳的実践力を育むことを目指している。

  2017_dotoku.jpg   2017_dotoku_f.jpg

続きはPDFファイルでご覧ください。

PDFファイル: 道徳の時間